アフィリエイトで数十万稼ぐ段階で高度なSEO対策はムダなだけ

アフィリエイトで数十万稼ぐくらいまでなら、普段気にするSEO対策は、コンテンツの充実だけで十分 というのが私の結論です。
もちろんキーワード対策、内部リンクの充実、SEO対策済みのテンプレートを使用といった最低限のことは行うべきですが、しゃかりきになってSEO対策することほどムダなことはないと思っています。

なぜなら、あなたがやれる 最大のSEO 対策は、文章力を上げ、良質な記事を発信し続けることであり、SEOを勉強しようと思えば思うほど、記事を書く時間が足りなくなり、最大のSEO対策が疎かになってしまうからです。

色々面倒くさいことを、ちまちまやることに時間を掛けるくらいなら、記事の質を高めたり、もう1記事書いたほうがはるかに効率がいいし、実際アクセスも集まります。

私が思うに、本当はシンプルに考えるだけでいいのに、高度なSEO対策をしたほうがアクセスが集まるのではと考える人達が多いようです。
はっきり言って、個人レベルのビジネスをする場合、SEOのプロが言うようなことを気にしても、あなたを苦しめるだけです。

そんなものよりも、確実にやればやるだけ効果が出るコンテンツの充実に注力すべきです。
そして、それを各SNSに使いまわしていき、そこからも集客をしていく、これで十分数十万稼げるアクセスが集まります。

もちろんプロ並の高度なSEO対策ができれば効果があるでしょう。
しかし、副業のアフィリエイターが、少ない時間でがんばって知識をつようとしたところで所詮素人。

ど素人のあなたがプロ並みの SEO 対策を身につけるまでにどれだけ時間が掛るのでしょうか?
それより、記事の質を高め、記事数を増やしたほうが効率がいいのは明らかです。

私見ですが、SEOを気にする人ほど記事を書きたくないという人が多く、それをSEO何とかならないかと考えている気がします。
どうもめんどくさいことから逃げようとする考えが見え隠れして仕方ないのです。

でも、コンテンツの充実よりSEO効果が勝るものはないし、今現在も今後もそれは続くでしょう。

グーグルの意図を考えれば、検索上位にコンテンツの充実したサイトを上げるのは当然である

グーグルの意図を簡単に言うと、検索者が、あるワードで検索した場合、検索した人の役に立つサイトを紹介する事のはずです。つまり、検索者のニーズに最も合うサイトを上位表示したいわけです。では、何をもって検索者のニーズに合うか判断してるかというと、残念ながら、完全に理解することは無理なようです。

ただ、グーグルのアルゴリズムが、ある程度、コンテンツの質の高い低いを理解していることは間違いないようです。そして、検索者にとって役立つという本来の意図に沿って、より質の高いサイトを上位に表示するようになっています。逆に、検索者の役に立たない質の低いサイトを上位表示し、落胆されることは、グーグルの意図と大きく外れ、上位表示されません。そして、それは、どんどん顕著になっていき、コンテンツの質の高い低いも、より人間の感覚に近くなっていくだろうと言われています。

もし、あなたがグーグルの立場だったらどうですか?検索者に役立つ、質の高いサイトを上位表示させるはずです。それと同じことをグーグルもしているはずです。質の高い記事を真面目に更新していけば、必ず評価されます。下手なSEO対策など不要です。

誰かの役に立つサイト、必要とされるサイト、そういうのを目指さないと稼げるわけがない

もう姑息なSEO対策は通用しません。もう、コンテンツの充実を避けていられません。確かにコンテンツの充実は簡単なようで難しいかもしれませんが、あなたの目的は何だったでしょうか?ネットビジネスで稼ぐことですね?だったら尚更、文章力を磨き、良質な記事を書いていかないと、ビジネスは成り立ちません。人の心を動かし、ビジネスとしても成り立つ、そういう記事こそ、グーグルから質の高いサイトだと評価もされるはずです。

被リンクを買って、グーグルの評価を上げればいい?質の低いサイトにそんなにリンクが貼られるわけがありません。質の低い記事は読まれませんから滞在時間が短くなります。グーグルは当然おかしいと思うでしょう。

とにかく文字数を多くすればいい?多くすれば確かにロングテールSEOにはなるかもしれません。でも、やっぱり質が低ければ読まれません。

SEO業者に頼む?無駄金です。上位表示し、大量のアクセスがあっても、売れる文章が書けないと売れるはずがありません。売れても利益が出ないかもしれません。もっとお金を使うべきところがあります。例えばPPCです。

自動記事ツールを使う?どんなにスゴイツールも所詮ツールはツールです。あなたの思いをのせた、あなたにしか書けない文章と比べられるはずもありません。

もちろん効率化や自動化は大切ですし、いずれビジネスを大きくしようと思ったら、高度なSEOも必要になってくるかもしtれません。ですが、まだ稼げていないうちから、そういうことに目を向けないほうが賢明です。

真面目にビジネスをしていくという観点からも、姑息な手を使わず、役に立つ、喜んでもらえる、そんな記事を書いていくべきです。何度も何度も言いますが、当面のSEO対策はそれだけで充分です。

あとは、その内容が顧客のニーズを理解したうえで、その答えを示しているかどうか?です。あなたの言いたいことを言うことで、あなたをより理解してもらう、そういう位置づけの記事も少なからず必要ですが、顧客が知りたい情報、悩みに対する答え、こういったものを中心に書いていくべきです。

顧客のニーズを理解するにはどうしたら良いか?それは検索数の多いキーワードを調べることで分かります。検索数が多いということは、そのワードに対し、顧客のニーズも高いこと表しています。そういうワードに関しての情報や疑問に対する答えを書いた記事は、アクセスが集まりやすいわけです。

良質な記事を書いても、ニーズが低くては、同じ労力でも集客しにくいので、まずはニーズの高い記事を更新していきましょう。ニーズの高い記事の調べ方は下記の記事に詳しく書いてあります。

リンク:

まとめ

あなたは、SEO会社とか、プロとかが書いた、本格的なSEO対策の情報サイトを読んでみたことがありますか?もし、ないようでしたら、それっぽいサイトを見てみてください。もう、本当に理解不能です。なのに、なぜか、そういう高度なSEO対策に目がいってしまう人が多いのは不思議です。

恐らく、それなりのワードで検索上位に表示されれば、かなりの数の集客があるので、数で何とかなると考えてのことだと思います。が、そこまで人を集めるのは、難易度が高いです。また、検索順位はいつ入れ替わるか誰にもわかりません。そこに頼りっきりなのは危険だと言えます。それより、文章力を磨き、反応率を高くしていくほうが、確実に効率が良く、将来的にも圧倒的なメリットがあります。あてにならないSEO対策にかける時間を文章力を磨く時間にあてて欲しい、これもSEO対策が要らないという理由です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です